HOME > キッチン雑貨・便利グッズ > 「セラミックスおひつ」なら炊きたてご飯の味をそのまま保存できます
2013年10月11日

「セラミックスおひつ」なら炊きたてご飯の味をそのまま保存できます

セラミックスおひつを使ってみました。これが思いのほかよかった!
冷蔵庫で保存したご飯も、温めなおせば炊きたてのようなふっくらご飯になります。

セラミックスおひつ

炊飯器で炊き上げたご飯をこの容器に移し替えると、ご飯の黄ばみと臭いを抑えて、美味しく保存ができるというもの。温め直すときは容器ごと電子レンジに入れ加熱するだけ。

炊いたご飯をそのまま炊飯器で保温しておくという習慣がなかったので、我が家がご飯を炊くのは朝と夕方の2回。毎回微妙な量のご飯が余るのが悩みでした。
一応ラップにくるんで冷凍保存しているのですが、何せ毎回のことなので冷凍ご飯が冷凍庫にいっぱい!
何とかならないかなぁと思っていたんですよ。

そこで見つけたのが、今回ご紹介するセラミックスおひつです。
おひつといえば木製のものがポピュラーですが、このセラミックスおひつは冷蔵庫で保存でき、そのまま電子レンジで温め直しができるというのがポイントです。

セラミックスおひつでご飯を温めなおしてみました

セラミックスおひつ

炊きたてのご飯をセラミックスおひつに移し替えすぐに蓋をして、中のご飯が冷めたら冷蔵庫へ入れます。
私が購入したのは3合用(1.5合用というのもあります)。もっと大きなものを想像していたのですが、思っていたよりも小ぶりで、高さも低めなので冷蔵庫の棚にも余裕で入りましたよ。

セラミックスおひつ

密封性がないのに冷蔵庫で保存して、硬くなったりパサパサになったりしないのかなと心配だったんですが、電子レンジで温めなおすとふっくら炊きたてのご飯のようになりました!

セラミックスおひつで温めなおしたご飯

セラミックスには無数の小さな気孔があり、この気孔がほど良く水分などを吸収し、乾燥を防ぎ、ニオイも同時に吸着するためおいしく保存できるんだそうです。
そして、レンジで再加熱するとおひつに吸収されていた水分が拡散されて、ご飯の乾燥を防ぎながら温めることができるというわけなのです。

半信半疑で使いはじめたのですが、朝炊いたご飯を夜食べる時はもちろん、1日たったときの状態も密閉容器で保存しておいたときとは違うなと感じました。
冷蔵庫に入れる前の冷ご飯もおいしい!

セラミックスおひつを使うようになってから、炊くたびに微妙な量のご飯が残るということもなくなりました。それと晩ご飯の準備のとき、ご飯を炊かなくていいというのは気持ち的にもラク。炊飯釜を洗ったり、お米を研ぐ手間が1日1回になったのも良かったかな。
お鍋でご飯を炊いたときでも、これからは困らないわ〜♪

おいしく温めなおすためのポイント
何度か失敗して、おいしく温めなおすためのポイントをみつけました。

●おひつには炊きたてのご飯を入れる
●おひつに入れるご飯の量は2合以上にする
●電子レンジでの加熱時間は長くしすぎない

当然ですが水分が飛んでしまったご飯はNG。炊きたてのご飯を入れます。
おひつに入っているご飯の量が少ないと冷蔵庫で保存中、固くなることがありました。
レンジで温める時間は3合で4〜5分。温めすぎると固くなることがあったので、様子を見ながら追加加熱します。
その他の注意点は、ご飯を電子レンジで温めるとおひつが熱くなる場合がありますので、取り出すときはミトンなどを使うことをおすすめします。
また、セラミックスは落としたりぶつけたりすると割れますので取扱にも注意が必要です。

お手入れについて
重さは1.1kgと軽いので、洗うときもラクチン。
内側の表面はツルンとしているので、水に浸けておくだけで汚れは簡単に取れます。
食器洗い乾燥機での使用も可能です(メーカーに確認済み)。

セラミックスおひつ

私が購入したのは、アーネスト社製のNEWセラミックおひつ 3合用です。

●サイズ: 直径20×高さ10.5cm(フタ含む)
●重量: 1100g
●材質: 耐熱陶器(耐熱衝撃温度差約700℃)
●容量: 1500cc
●日本製

四角いタイプ、模様入り、小さいサイズなど種類も豊富です
その他のセラミックスおひつを見てみる
【Amazon】セラミックスおひつ
【楽天市場】セラミックスおひつ
【Yahoo!ショッピング】セラミックスおひつ

ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログ村キッチン雑貨ランキング
ブログ村 キッチン雑貨ランキング  


スポンサーリンク

posted by Kabo at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン雑貨・便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。