HOME > 家電(キッチン・生活) > 和紙ならではのやわらかい光と浮かび上がる桜にうっとり♪組み立てるのもまた楽しい「コハルライト」
2014年06月25日

和紙ならではのやわらかい光と浮かび上がる桜にうっとり♪組み立てるのもまた楽しい「コハルライト」

テレビや雑誌などで度々紹介されていて素敵だな〜と思っていた「コハルライト」。
先日見せていただく機会がありました!
思ったとおり、やわらかな光と浮かび上がる桜にうっとりでした♪

コハルライト
コハルライト(フロアライト)

コハルライトってなんだろう?
コハルライトは、ご覧のとおり球体の灯りです。灯りをつけると、桜の花びらが浮き上がるという、インテリア性の高い照明です。

コハルライト

コハルライトは漢字では「心桜」と書きます。
素材に特殊な和紙、デザインに桜、製造地は日本と、正真正銘のメイドインジャパンです。

和紙を使った照明器具というのは他にもありますが、他とはちょっと違う点がこちら↓の12枚の和紙シートを組み立てて、自分で作ることができるというところです。

コハルライト

「和紙を組み立てるなんて、作っているときにやぶれてしまうのでは?」と心配される方もいるかと思いますが、和紙と和紙の間に薄いプラスチックの板が入っているので、穴が空いたりやぶれたりする心配はありません。厚すぎず薄すぎず、この扱いやすい厚みもかなり計算されているんじゃないかな。
また、和紙表面には樹脂コート加工がされているので、湿らせた綺麗な布で汚れを拭き取ることができます。

このように和紙のみで作る組み立て式のランプシェード(電灯のかさ)というのは世界初なんだそうですよ。
2011年には福岡産業デザイン賞を受賞。他にも数々の賞を受賞しています。

「和紙」に「桜」はホントよく似合いますよね。そしてこの組み立てるというアイディア!
ピタリときれいな球体に組み上がるところは、さすがメイドインジャパンだなと感じます。

中に入れる電球は、12W蛍光型電球です。電球の交換はシートを1枚外すだけでできます。

コハルライト

桜色と電球色を切り替えられるタイプも、今年の4月に発売になりました。
桜色も雰囲気があってステキですよね。

コハルライト

とにかく、ホワンと浮かび上がる桜が何ともいえない穏やかさがあり、ほっこりとなごみます。
かわいらしいデザインもさることながら、場所を選ばずどこにでも置ける便利さも素晴らしいなと思いました。

今日ご紹介しているのはフロアライトですが、ペンダントライトもあります。
こちらも電球色のみまたは桜色と電球色を切り替えられるタイプの2種類から選ぶことができます。

贈り物にもオススメな理由
結婚祝いや引越し祝いなどに、ちょっとしたサプライズ感があるステキな贈り物になること間違いなし!
和室にも洋室にも合います。
また、出産のお祝いにもおすすめです。
出産のお祝いにオススメな理由、お母さんたちはわかりますよね。
夜中の授乳のとき、明りがほしいけど部屋の電気をつけるとまぶし過ぎる・・・
そんなとき「コハルライト」のやわらかい灯りは、ちょうどいいのではないでしょうか。

届いたときはこんなにコンパクト
コハルライトの12枚の和紙は、こんなにコンパクトな箱に入って届きます。

コハルライト 梱包状態

この他に、電灯ユニット(電球付き)が入ってもこれくらいの箱に収まります。

コハルライト 梱包状態

この箱の大きさから、まさかこんな素敵な照明が入っているなんて想像できないだろうな〜と考えると、贈る側もワクワクしてしまいますよね。



販売店:プロダクトファクトリージャパン

ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログ村キッチン雑貨ランキング
ブログ村 キッチン雑貨ランキング  


スポンサーリンク
posted by Kabo at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電(キッチン・生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。